spandrel
81/100

製品記号名 称内 容 物RKY-38100面材面材長さは指示による(最大8本/1梱包)共鳴器本体共鳴器本体長さは指示による(最大8本/1梱包)共鳴器部品箱共鳴器受け材共鳴器本体 1mあたり/1個+1個共鳴器受け材止めビス共鳴器受け材と同数小口フタ共鳴器1本に対し 2枚(両小口)小口フタ止めビス兼脱落防止ビス共鳴器1本に対し 6本取付説明書1部製品記号名称(梱包単位)内 容 物RKY-M13100面材単品面材長さは指示による(最大8本/1梱包)RKY-U24100共鳴器受け材単品共鳴器受け材10個/1セット共鳴器受け材止めビス10本/1セット取付説明書1部/1梱包RKY-K24100共鳴器単品共鳴器本体長さは指示による(最大8本/1梱包)共鳴器単品部品箱小口フタ共鳴器1本に対し 2枚(両小口)小口フタ止めビス兼脱落防止ビス共鳴器1本に対し 6本4321小口フタ小口フタ止めビス脱落防止ビス共鳴器本体施工現場にあわせて、面材及び共鳴器本体を切断します。切断後、面材に共鳴器受け材を約1000mmピッチで取り付けます。共鳴器本体を共鳴器受け材へ嵌め込みます。共鳴器本体と両端部の共鳴器受け材が、下図の様な位置関係になっている事を確認して下さい。共鳴器本体を押し込み、「パチンッ」と音がするまで確実に嵌め込んで下さい。面材と共鳴器本体との間に出来る「スリット」の高さが一定であることを確実に確認して下さい。小口フタ及び脱落防止ビスを取り付けます。小口フタは、共鳴器1 本に対し必ず両小口に取り付きます。共鳴器本体に小口フタを固定した後、脱落防止ビスを小口フタの孔を介して共鳴器受け材のビス止め位置に固定します。(ビス1箇所)屋内吸音機能付仕上材を施工します。目地部が20mm、取付ピッチが120mmとなるよう調整しながら、取付ビス(別途)で固定し取付完了です。L寸法共鳴器本体L寸法ピッチ≒1000ピッチ≒1000共鳴器受け材面材共鳴器受け材止めビスなべドリルねじ 4×13共鳴器本体確認共鳴器本体共鳴器受け材スリットスリットパチンッ下地材(別途工事)取付ビス(別途)2010020120120目地部目地部※施工は、製品に同梱されている「取付説明書」を必ずお読み下さい。■製品に看板など重量がかかるものを取り付けないでください。破損の原因となります。■共鳴器のスリット部に埃やゴミ等が付着しスリット部を塞いでしまうと、製品本来の性能を保つ事が出来なくなります。定期的なメンテナンスを行ってください。■施工図に基づき確実に施工してください。■取付説明書に基づき確実に組み立てをしてください。■色合わせをして出荷(アルマイト仕上に限る)しますので、切断した共鳴器本体の転用は避けてください。色ムラの原因となります。■施工完了後には取付説明書をユーザー様にお渡しください。■その他、施工のポイント・注意事項等は別冊スパンドレルカタログおよびアルミ屋内吸音機能付仕上材取付説明書をご参照ください。■デザインバリエーション■取付手順■注意事項■製品記号81Aluminum SpandrelRIKENアルミ屋内用吸音機能付仕上材 アルミッシモ

元のページ 

page 81

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です