racm
39/48

38取付方法壁(扉)材加工寸法開口部補強例1扉の組立方法w2(=W-54)壁(扉)仕上げ材(12mm厚以下)29φ25孔壁(扉)下地材h/2h/2h2(=H-54)w2(=W-54)h/25560h/2h2(=H-54)補強枠開口寸法呼称寸法:W壁材開口寸法:w1補強枠(別途)壁材開口部886464アンカー取付位置8壁材開口寸法:h1呼称寸法:H8デッドボルト壁(扉)材(別途)錠内枠②②①φ25孔アタッチ化粧リング内枠取付ビス錠内枠3壁(扉)材(別途)(t=7.5~18.5)調整ビスアタッチ14.5内枠壁(扉)材(別途)調整ビス19~29①錠を壁(扉)材の穴に差し込む。②デッドボルト先端を内枠の角孔に通しながら、壁(扉)材を内枠へ落とし込む。2外枠の取付方法取付ビス(別途)②外枠壁材(別途)補強枠(別途)アンカー38①皿ビス調整ビス・ナット①外枠へアンカーをビス止めする。②補強枠にアンカーを仮止めする。3扉の取付方法取付ビス・ナット取付ビス蝶番外枠内枠壁材(別途)補強枠(別途)アンカー①内枠を外枠に取り付ける。②仮止めしたビスを緩め、扉の開閉具合・クリアランスを調整し、ビスやナットを締め直す。③錠・アタッチをビス止めする。※壁(扉)材厚さが19〜29mmの場合、アタッチを反転し取り付ける。呼称寸法WH補強枠開口寸法W+45壁材開口寸法W-16H-16壁(扉)材切断寸法W-54H-54

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です