racm
35/48

34床点検口記号参考強度kgf(N)JF-45480(784)JF-606BB9319取付方法参考強度1取手穴の加工3補強材取り付け4取手の取り付け5外枠の取り付け2ふた材の固定取手の位置は任意ですが、補強材の位置はさけて下さい。フロアー材の厚みは15mmまでです。15mm未満の床材を使用する場合は、15mmになるように捨張り等で調整して下さい。下記の①と②の2つの方法があります。ふた材の取手を取り付け、内枠に入れる。取付開口部周辺を角材で補強して下さい。※床材の材質によって強度は変化します。※当社試験値です。保証値ではありません。加圧板(φ100)荷重ダイヤルゲージダイヤルゲージダイヤルゲージ床材には、12mm合板+捨て張を使用フロアー材差し込むフロアー材皿木ネジ①②補強材内枠トラスタッピング1種(  )JF303:無JF454:1本JF606:1本内枠トラス小ネジ取手外枠皿木ネジAA■試験方法

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です