parakasa
52/56

技術資料ブラケット 突りょう 台座 養生材(木材) 笠木 200200ブラケットピッチ 養生材寸法 Aluminum Coping52笠木施工後のゴンドラ設置について①下図の様に笠木を木材で養生し台座を設けて突りょうを設置してください。②ALC板のように圧縮強度の低い外壁材が用いられている場合には、笠木をあらかじめ撤去した後に作業を行ってください。※養生材の下に必ずブラケットが2つ入るように設置してください。 ブラケットの位置は笠木内側に手を入れる事により確認出来ます。①2〜3人乗りのデッキ型ゴンドラを使用する場合には、作業部分の笠木を一時撤去して作業を行ってください。②取り外す場合には、2〜3人で作業を行ってください。③取り外し方法は下図に示します。④笠木の復旧は、笠木本体をブラケットに押し込んで嵌め合わせてください。 チェア型ゴンドラ設置の場合 デッキ型ゴンドラ設置の場合

元のページ 

page 52

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です