parakasa
49/52

メンテナンスについて工業地帯や、海岸からまともに風を受ける建物、また同じ建物でも雨による自然の洗浄がされにくい見え隠れ部分等は腐食の起こりやすい所です。したがってアルミ建材を汚れや腐食から守り、竣工時の美観を長く保つためには、メンテナンス(清掃など)を定期的に行う必要があります。アルミニウム建材の表面の汚れが軽いうちに清掃するようにすれば、清掃も簡単で費用も少なくてすみます。しかし長期間清掃しないで放置しておきますと、表面に付着した汚れが腐食へ進行します。こうなると、清掃しただけではきれいにならず、補修の必要が出てくることもあり、費用も多くかかります。清掃の頻度や方法は汚れの程度及び立地条件により下表を参考にして下さい。①水で濡らしたぞうきんや、やわらかいスポンジで拭いて下さい。②中性洗剤を水で薄めて使うと、よりきれいになります。洗剤が残らないよう水拭きして下さい。立地条件清掃回数臨海工業地帯1~2回/年海岸、工業地帯1回/年市街地0.5~1回/年田園地帯0.5回/年46 清掃方法 建物の立地条件と清掃の頻度

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 49

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です