parakasa
46/52

技術資料43専用ねじ・アンカープラグ引抜強度鋼材ボックス アンカープラグ コンクリート テストピース 試験機(固定) 取付治具 試験機(可動) 試験体No引抜強さ(kN)備 考No.15.94プラグ抜けNo.25.93〃No.35.66〃No.46.45〃No.56.03〃平均値5.96※平均値は5点データ中の最大値と最小値を除く3点の平均値安全率5での荷重=1.19kNねじ1本にかかる荷重は、下記引抜試験結果の20%以下になるよう固定ピッチを算出して下さい。(安全率5倍以上)試験方法試験場所社内試験室試験機仕様島津製作所 オートグラフAG-IS 50KN 試験機設定テストスピード 5mm/min(引抜速度)試験体ALCパネルシポレックス(t=100 W=600)住友金属鉱山シポレックス(株)アンカープラグストロングVプラグ(SV-8K) 旭化学工業(株)SUS木ねじφ5.5mm × 56mmエポキシ系 樹脂ボンドE206W コニシ(株)※硬化養生は24時間とする試験体No引抜強さ(kN)備 考No.12.74コーン状破壊No.23.17〃No.33.06〃No.43.28〃No.52.95〃平均値3.04※平均値は5点データ中の最大値と最小値を除く3点の平均値安全率5での荷重=0.6kN試験方法試験場所愛知県工業技術センター試験機仕様島津製作所 オートグラフDCS-5000 (最大荷重5000kgf)試験機設定テストスピード 5mm/min(引抜速度)試験体テストピースRC-φ100mm×100mm(圧縮強度240kg/cm)アンカープラグストロングVプラグ(SV-8K) 旭化学工業(株)SUS木ねじφ5.5mm×56mm※1:下穴は、テストピースの施工面に対し垂直に垂直に開けて試験を実施する※2:コンクリートテストピースの材令は、28日以上の物を使用する。試験結果 コンクリートブロックでの引抜試験結果 エポキシ系樹脂併用においてのALC板での引抜試験結果試験結果※ALC板への施工についてALC板への取付は、アングルなどの鋼製下地を入れてください。やむをえず直接ALC板へ施工する場合には〔エポキシ系樹脂〕を併用して下さい。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 46

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です