parakasa
42/56

別途工事8R4553内水切り60737615別途工事アングル 6×5010切欠別途工事コーキング337R4553内水切り別途工事アングル 6×50341414.58.55567204525別途工事コーキング208.5①②③④⑥⑤■ R4553 縦張り■ R4553+R6745 縦張りR4553内水切りR4553内水切り650ブチルゴム付アルミ粘着テープ1503000(定尺)61501353ブラケット嵌合後目地芯に移動するジョイント3000(定尺)1353ブラケット力板笠木巾7532431055155防水(別途工事)6075躯体巾①②⑤⑥③④100307542331255155307①②③1007542333030712④⑥⑤Aluminum Coping42屋上のパラベット笠木は耐久性や意匠性に優れています。二重躯体には理研独自の力板を使用し、躯体側で確実かつスマートな固定が可能。さらに、笠木シリーズに押出成形セメント板専用の100タイプを追加。困難だった縦貼りにも差込クリップで簡単取付を実現しました。①笠木②ブラケット③木ねじ④アンカープラグ⑤M6×14ねじ⑥力板(別売品)※パラペット天端は必ず防水処理を施しておいてください。※力板は笠木とは別発注となります。P44を参照ください。①笠木②ブラケット③偏芯プラグ④カバー材(PB4)別売品⑤差込クリップ(PB3)別売品⑥木ねじ(φ5.5×40)内水切りにより、押出成形セメント板内に発生した結露水や侵入した雨水を下方へ導き、室内側への侵入をしにくくしています。施工が簡単で、ジョイント部にブチル付アルミテープを貼るだけで、固定できます。また、外水切りを取り付ける事により、建物に高級感を与え、外壁の汚れを防止します。付属のブチル付アルミテープでジョイントしてください。ジョイント材を本体端部に差し込んだ状態で本体を取付け、目地芯へ移動すればジョイント完了。目 地 部パラペット上端部押出成型セメント板用 笠木・水切り〈受注生産〉ラインナップ■ PK100横張り縦張り〈ジョイント部〉〈ジョイント部〉①本体②ブラケット③逃がし板④取付ねじ(別売品)⑤偏芯プラグ(別売品)⑥ジョイント

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です