parakasa
39/56

4504503515アンカープラグ ベース材 木ねじ 防水層 ベース材 ジョイント ブラケット 本体カバー 4504503515アンカープラグ ベース材 木ねじ 防水層 ベース材 ジョイント ブラケット 本体カバー 4504503515アンカープラグ ベース材 木ねじ 防水層 ベース材 ジョイント ブラケット 本体カバー 4504503515アンカープラグ ベース材 木ねじ 防水層 ベース材 ジョイント ブラケット 本体カバー   15150450450450450450300045015010035030010001000100029964300045.750出隅ベス材 出隅本体カバ ジョイントブラケット 本体カバー ベース材 図は左(L) 小口フタ ジョイント ブラケット 本体カバー 39Aluminum Coping墨だしに基づき、ベース材の取付位置に電動ドリルで躯体に穴をあけ、(深さ=50㎜ドリル径φ8)各穴に付属のアンカープラグを差込みます。1先にあけた穴位置にベース材の穴を合せ、付属の木ねじでベース材を固定します。2防水層(別途工事)の施工完了後、上図のようにジョイントブラケットをベース材に嵌め合せます。※ジョイントブラケットは確実にベース材に嵌め合せてください。3最後に本体カバーをジョイントブラケットに嵌め合せて施工完了です。4●躯体のレベルが出されている事を確認してください。●コーナー及び役物から取り付けます。●ジョイントブラケットはベース材のジョイント部分を避けて本体カバーの目地センターに取り付けます。中間部は1000㎜ピッチ以下で取付けてください。●ベース材の目地はつきつけにし本体カバーの目地は4㎜にします。小口フタ製品記号:PTF 1040R(L)材  質:AL板 t=2.0※1 皿テクスビス2本同梱※2 現場に合せて切欠加工をしてください。製 品 名本体カバー(製品記号)ベース材(製品記号)直線部材PT1040L=2,996(HPT 1040)L=3,000(BPT 1040)出隅コーナーPTD1040300×300(HPTD 1040)350×350(BPTD 1040)入隅コーナーPTI1040255×255(HPTI 1040)350×350(BPTI 1040)本   体ベース材本体カバー1本ベース材1本木ねじ8本ジョイントブラケット3ヶアンカープラグ8本アジャスタ・ピース16ヶコーナー用本体カバー1本コーナー用ベース材1本木ねじ 6本ジョイントブラケット3ヶアンカープラグ 6本アジャスタ・ピース 12ヶ直 線 部 用コーナー部用取付手順基本割付施工のポイント仕 様オプションパーツ●部品梱包明細※ベース材の仕上げはシルバーです

元のページ 

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です