parakasa
31/52

取付金具 15006006001500【左】 【右】 出隅コーナー UCL1255 UCL1455UCR1255 UCR1455537木ねじ・アンカープラグ (別売) アジャスタ・ピース 小口フタ 本体に取付金具を回転させ取付けます。(上図参照)本体を躯体に合わせ、通しアングルに取付け金具を溶接(ビス止め)します。あらかじめ本体端部に入れ込んでおいたジョイントのセンターを、目地部までスライドさせます。(コーキング別途工事)コーキング受け AL板 t=1.0AL板 t=1.028呼 称UR0250UR0745UR1255UR1455セット明細厚 さ1.51.31.51.51本長 さ3,0003,0003,0003,000出 隅(600× 600)UCD0250UCD0745UCD1255UCD14551コーナー入 隅(600× 600)UCI0250UCI0745UCI1255UCI1455出隅左(600×1500)−−UCL1255UCL14551コーナー出隅右(600×1500)−−UCR1255UCR1455定 尺 用−BUR0745BUR1255BUR1455右表参照コーナー用−BUC1255BUC1455直線部用コーナー部品箱呼 称部品名称UR0250UR0745UR1255UR1455ブラケット−−4ヶ(3ヶ)ジョイント−1ヶ1ヶ(1ヶ)アンカー・取付金具−4ヶ4セット(3セット)※SUS小ねじ M4×12−−8本(6本)アジャスタ・ピース−−16ヶ(12ヶ)コーキング受け1ヶ(1ヶ)−−SUSテクスビス 4×256本(4本)4本−SUSワッシャー6ヶ(4ヶ)4ヶ−( )内はコーナー用 ※セット内容:アンカーA・B・皿小ねじM4×20構造用アングルに取付アンカーAを引っ掛け、木ハンマーで打ち込みます。1アングルの寸法に合わせ、取付アンカーBの位置を決め、木ハンマーで打ち込みます。付属の皿小ねじ(M4×20)で、取付アンカーAとBを締め込みます。2取付アンカーに、付属のなべ小ねじ(M4×12)でブラケットを固定します。あらかじめ、本体端部にジョイント材を入れ込んでおき、本体をブラケットに押し込み嵌め合わせます。3最後にジョイント材の中央部分を、本体の目地部にスライドさせて合わせます。4UR1255・1455UR0745UR1255・1455の出隅コーナーは、600×600と600×1500(上図)の2種類。施工現場に合わせお選び下さい。左右は上図にてご確認下さい。直付け(専用の取付アンカーを使用しない場合)にて取付の場合は、図の様にアジャスタ・ピースで高さを調整した後、木ねじとアンカープラグ(別売り)でブラケットを固定し取付けます。外壁仕上面に対する出入の調整は、ブラケットの長孔を利用して下さい。小口フタコーキング受けF1255・1455・0745・0250 R・L※図は左(L)※図は左(L)C1255・1455・0745 R・L123●直付け●出入調整左右の見方(UR1255・1455)仕 様●部品梱包明細参考納まり例取付手順オプションパーツ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です