parakasa
31/56

小口フタ水切板ジョイント材コーキング受け水切り本体水切り本体小口フタ水切り本体小口フタジョイント材コーキング受けジョイント材固定ねじ@960(990)( )内はR8544水切り本体ジョイント材シーリング(別途工事)水切り本体出隅コーナー300×300入隅コーナー300×300水切り本体ジョイント材  L=100L43003004300043000430060706070603004L60P960×3=2880606012060120出隅コーナー300×300入隅コーナー300×300水切り本体ジョイント材  L=1003004L151203004300043000430015P990×3=297015151203004L12015151201531Aluminum Coping水切り本体にジョイント材を差し込んでおきます。1水切り本体を、固定ねじで固定します。2ジョイント材を目地部のセンターに移動させます。3シーリング(別途工事)をし、取付完了です。4取付手順割  付F1050・1070・1010R・LAL板 t=2.0C1050・1070・1010・8544R・LAL板 t=1.0※本図は右(R)※本図は右(R)R1050・1070・1010オプションパーツJ1050・1070・1010・8544小口フタ…………1枚ジョイント材……1個皿ビス……………2本Al板 t=1.0F8544R・L※本図は左(L)R8544

元のページ 

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です