parakasa
29/56

42502504 425025044300300443003004水切受 ジョイント 水切板 ブラケット 小口フタ 水切板 小口フタコーキング受けコーキング受け 水切板 29Aluminum Coping取付位置は防水材の立上り寸法+25mmの位置に墨打ちします。取付穴は墨打位置に水切受を当て長穴のセンターでマーキングしていく。(始めはコーナーより)1マーキング部にドリルで穴開けし(深さ=60mm ドリル径φ8mm)水切受は各穴にアンカープラクを入れた後、専用ねじで取り付けます。(ネジは8分目に締める)2定尺部はブラケット、ジョイントを水切板にセットし、写真の様に嵌合します。※コーナー部の水切板は側面よりブラケットを挿入し取り付けます。3水切板の取付後、ジョイントは水切板の目地の中芯部に移動させて、取付完了となります。(コーキング別途工事)4■ブラケット定尺3000の水切板に3ケ、水切板コーナーに2ケで割付けます。■ジョイント水切板の目地部に取り付けます。取付手順割  付F1345・1391R・LAL板 t=1.0C1345・1391R・LAL板 t=1.0※本図は左(L)※本図は左(L)出入隅コーナー仕様※R1345・R1391オプションパーツ■水 切 受ジョイント部の目地4mmを取り、コーナー部(250×250)より割付、端数部材は片側に割付可能。■水 切 板ジョイント部の目地4mmを取り、コーナー部(300×300)より割付、水切受の目地と水切板の目地は50mm離す。

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です