parakasa
15/52

ボルト取付用下穴 板ナット SUS t=2.0M8×12 SUSR201540017304055408.5×15長孔ブラケットジョイント75④②③①12棟上導体システム1.避雷針の保護範囲を大きくカバーします。2.笠木に一体化され、より確実な棟上導体となります。3.パラペットの意匠、防水を損なわず棟上導体ができます。4.避雷針設備のコストダウンと工期の短縮を計ります。※詳細は棟上導体システムのカタログをご覧下さい。笠木取付後、ジョイント部にジョイント平角線を当てがい、取付位置をマーキングします。マーキング位置にM8ボルト用の下穴(∅8.5~∅9)をあけます。ジョイント平角線を六角ボルト(M8×12)と板ナットで確実に締めつけ、取付完了です。※ジョイント平角線の中央湾曲部で笠木の寸法変化を吸収します。笠木巾製品名板厚(mm)断面積(m㎡)材料150PH1502.0 575A6063S-T5 (JIS H 4100)175PH1752.0 625200PH2002.0 675225PH2252.0 725250PH2502.2 849275PH2752.5 1043300PK3002.0 895325PK3252.1 989350PK3502.3 1132400PK4002.5 1343450~600PM450~PM6002.0 1195(450) 1295(500) 1395(550) 1495(600)A1100P-H14 (JIS H 4000)123取付手順仕 様【ジョイント平角線】◦�温度変化による伸縮を、ジョイントの中央部に大きな湾曲をもたせ対応させます。◦記 号:JHS◦材 質:A1100P-H14◦板 厚:2.0mm◦断面積:80m㎡◦入 数:10セットジョイント平角線………………10ヶ六角ボルト SUS M8×12……40本平ワッシャー SUS M8用……40枚板ナット SUS304 t=2.0……20枚1.ジョイント平角線2.M8×12ボルト(SUS)3.M8用平座金(SUS)4.板ナット 34×50(SUS)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 15

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です