louver
153/156

■押出形材の材質押出形材は、JIS H 4100(アルミニウム及びアルミニウム合金の押出形材)に規定するA6063-T5を使用します。●表面処理1)陽極酸化塗装複合皮膜JIS H 8602に規定するA1種とし、性能は下表による。2)焼付塗装熱硬化型アクリル樹脂焼付塗装の性能は下表による。項               目規   格   値外観検査付着性鉛筆引っかき値耐アルカリ性(1%水酸化ナトリュウム)10H耐酸性(5%硫酸)20Hキャス耐食性 72H判定基準による100/1002H以上異常なきこと異常なきことRN9.5以上100/10075%著しい変色を認めないことRN9.5以上促進耐候性サンシャイン  250H付   着   性光 沢 保 持 率変         色外 観(キャス試験16H)上記以外の仕様につきましては別途打合せ願います。合金番号A6063化 学 成 分(%)Si0.200.60FeCuMnMgCrZnV, NiB, Zr等TiAlその他個々合計〜0.35以下0.10以下0.10以下0.450.900.10以下0.10以下−0.10以下0.05以下0.15以下残部●A6063の化学成分硬さ試験試験箇所の厚さ(mm)試験箇所の厚さ(mm)引張強さ(N/mm2)耐 力(N/mm2)伸び(%)A50mmHv引 張 試 験●A6063の調質および機械的性質記 号質 別A6063T50.8以上58以上12以下150以上110以上8以上12を超え25以下145以上105以上8以上項目陽極酸化皮膜の厚さ(平均皮膜厚さ)μmキャス耐食性試験時間 hレイティングナンバ RN塗膜の付着性碁盤目試験沸騰水碁盤目試験沸騰水試験試験時間 h外観沸騰水試験後の碁盤目試験塗膜の耐溶剤性5以上、かつ、各測定 点皮膜厚さが、すべて平均皮膜厚さの80%以上でなくてはならない。1209.5以上25/255塗膜にしわ、割れ、ふくれ及び著しい変色が生じてはならない。25/25試験前後の塗膜の鉛筆硬度の低下は、JIS K5600-5-4の6.2に規定する硬度スケールで1単位以下でなければならない。性能A1項目耐アルカリ性試験時間 h複合耐食性促進耐候性サンシャインカーボンアーク灯式促進耐候性試験レイティングナンバ RN紫外線蛍光ランプ式促進耐候性試験試験時間 hキャス試験試験時間 hレイティングナンバ RN試験時間 h外観光沢保持率 %249.5以上2401209以上3000著しい変退色及び著しいチョーキングが生じてはならない。75以上性能A1〜技 術 資 料153Aluminum Louver

元のページ 

page 153

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です