builljon
9/260

7BUILLJONExp.J.を必要とする建物変位の方向性変位の方向にはX、Y、Zの3方向があり、X、Y、Zの3方向は建物全体を基準として定めます。■水平方向の変位<X><Y>地震や風荷重等による変形や温度変化による膨張収縮による変形が主にこの方向にあたります。地盤に対して水平方向で、クリアランスの拡大と収縮方向を<X>、地盤に対して水平方向で、クリアランスに対してせん断方向、即ち長手方向のズレを<Y>とします。■鉛直方向の変位<Z>不同沈下のように鉛直方向に生じる変位で、復帰不可能なものもあります。地盤に対して鉛直方向を<Z>とします。水平方向の変位〈 X 〉水平方向の変位〈 Y 〉鉛直方向の変位〈 Z 〉1振動特性が異なる建物2構造が異なる建物3平面構造が複雑な建物4増築する建物5長大な建物6基礎が異なる建物7重量配分が異なる建物8温度変化の影響が大きい建物

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 9

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です